高齢者施設に関するお知らせ

高齢者施設に関する管区長書簡を掲載します。

信徒会長様
信徒各位
✝ 主の平和

 主のご復活おめでとうございます。

 復活祭が早い年は、春が来るのも早いと言われますが、その言葉どおり今年は桜前線の北上が早く、茨城も例年になく早い桜の季節となりました。

 さて今の日本社会の問題の一つは高齢化と言えましょう。それは教会の中も例外ではありません。その問題に修道会として何かできることはないだろうか。
そんな思いで二年前の「家族の日」に信徒の方々と修道者が共に老後を過ごす施設は出来ないだろうかと提案しました。しかしその方面の専門知識がなく、思いだけが先行し、まったく前進することなく今日に至っています。
 今年に入り、何人かの信徒の方に「あの話はどうなったのか」と問われました。
そこで大阪で施設を運営している濱口一則施設長とその経営母体であるカトリック大阪教区の司教総代理、神田裕神父様に来て頂き、施設の現状と茨城での設置の可能性と取り組むべき点をお話して頂く事になりました。
 平日ではありますが、お時間と関心のある方は、ぜひともお越し頂けたら嬉しく思います。

日時 : 2018年4月23日(月)午前10時
場所 : イエズス・マリアの聖心会

イエズス・マリアの聖心会
管区長  本間研二

↓下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。